社長のブログ ☆ 健康とは程遠い住環境・・・!?

★疑問?に思う住環境問題
皆さん、こんにちは。昨日は「住宅は今が買い時」の話をしましたが建てる側にとって一番重要なことは、信頼のおけるパートナーを見つけること、真剣に親身になって家づくりを考えてくれる業者を選ぶということがおわかりになったと思います。今日は、健康に良い住宅といいつつ健康とは程遠い住環境の現状の話です。

現在、シックハウス等の住環境問題や今進んでいる地球温暖化など地球環境に配慮した住まいづくりを考えた家づくりが話題を呼ぶ中、うちはフォースター(☆☆☆☆)がうたっている建材を使っているから大丈夫といって壁も有害物質が多いビニールクロスを進めるなど、健康とは程遠い住環境の住宅も少くありません。
ローコスト住宅が決して悪いとは言えませんが、これからこの様な住宅が多数増えていけば近い将来、住環境や地球環境に多大な影響を及ぼすのではないのだろうか?こう考えているのは私だけでしょうか?

★「家カビ」の原因になるビニールクロス・・・!?
室内をビニールクロスで仕上げた高気密住宅では、人体から出た水分は逃げるところがない為そのまま室内にとどまっています。室内の温度がある程度一定に保たれている場合はあまり結露は目立ちませんが、室内温度が下がったり室内の湿気が飽和状態になると結露が発生してくるのです。窓や壁についた水滴はやがて眼に見えにくい隙間から壁体内へと入っていきカビやダニを発生させます。又、家具やカーペットから発散される化学物質も逃げ場がないためそのまま・・トイレ・生ごみ・ペットの匂いなどもそのままです。合板ヤビニールクロスで囲まれた室内は息のできないペットボトルの中で生活している様なものです。
今、全国で建てられている住宅のほとんどの家がこれに当てはまります。ダニやカビと化学物質の発散する家で皆一緒に暮らしているのです。こんな環境で子育てしていいのですか?・・・

★知っていますか・・・?室内の湿気の原因・・!!
家の中に湿気がある限り結露が発生しますが人間の体からも水分が蒸散されています。人の体から出している水分は1日約1.5ℓと言われていますから、3人家族で4.5ℓもの水分が室内に蒸散されることになります。現在では室内の汚れた空気を流動するため、24時間換気システムの設置が義務付けられています。機械換気で空気を調整することが大前提なのです。ところが昼間は意外と気付かない音、夜になるとダクトの中を空気が移動するため騒音がうるさいといってスイッチを切ってしまう家が多いと聞きます。空気の流動を止めるとどうなるでしょうか?・・想像してみてください。こんな健康とは程遠い住環境・・私は疑問に思うのです。

★そこに住む人の健康を考えた住宅を創ることが住環境対策ではないかと考えます。
◎ 明日は、シックハウス対策をした当社の健康住宅…!!

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG