☆思いのこもった家造りをしてみませんか。

~地域の工務店で家を建てるメリット~

小さな工務店でも出来る超高性能な住宅】→小さい工務店は、大企業の様な研究開発費が無いので、性能の高い家は出来ないと思われがちですが、日本で断熱性能トップクラスの住宅を建てているのは地域の工務店だったりします。国内だけでなく、ドイツをはじめ海外に研修に行き、日々研鑚に励んでいる工務店もたくさんいます。

「ハウスメーカー」は、工場生産で製造ラインの制約がある為、特殊な家を造る事は不得手です。自由な家造りを適正な価格で建てることが出来るのが「工務店の強み」です。またこんな事、出来るのかな?という思いにこたえてくれるのが、工務店の家造りの良さでもあるのです。工務店には工場生産という縛りが無い分、細かな注文をする事が可能です。大工の手造りによる造り付けの家具なども施主の思いにこたえてくれます。これらは工務店での家づくりの面白さですし、ハウスメーカーにはできない。小さな工務店だから出来るメリットとも言えます。

企業に倒産リスクは付き物】→大きな住宅会社が倒産して問題になったことも最近では少なくありません。今は大企業も倒産する時代。小さい会社も、大きい会社も住宅会社には『瑕疵担保責任保険』への加入などが義務付けられており、引渡し後に倒産してしまっても顧客は一定の保障を受けることが出来ます。家づくりの考え、基本は、規模の大きい、小さいより地域の気候風土に即した昔ながらの家を建てる知恵、それを支える職人たちの技術、無垢の木材や自然素材を使いこなす知識がある業者(工務店など)か?などの情報も調べておくと家造りにプラスになるでしょう。

≪地域に根付く工務店で家を建てることはその地域貢献につながる❕ ≫

地場の工務店でその地域の木材を使って家を建てた場合、自分たちの地域に流れるお金は全体の60%。一方全国規模の大企業で家を建てた場合、自分たちの地域に流れるお金は約30%。2倍程の差があります。地域にお金が流れれば、地域の経済がまわり、地域の貢献に繋がります。その恩恵は巡りめぐって地域に住む自分たちに還元されます。工務店(地場の業者)での家造りは地域の豊かさづくりでもあるのです。

※広告宣伝に無駄なお金が掛かっていない分住宅に掛けられる。これこそが適正価格で家が建てられるメリット‼

工務店は、大手量産メーカーに比べ材料や設備機器の仕入れ値が高くなりがちですが、企業規模が大きくなる程、家を量産する為にテレビコマーシャルなどの広告宣伝にお金をかけて販促を行います。そのコストは、住宅価格に上乗せされ、顧客が払う事になります。詳細がわからないので余り感じられないのですが建物の価格に経費として含まれているのです。

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG