☆基礎にも工法があるの?重要だね‼

一般に工事されている配筋工事全景

防湿フィルム層を敷き配筋工事外周の型枠工事の現場状況。
基礎工事は建物を支える上で最も重要な工事です。仕様書通りに工事が進んでいるか常にチェックして進行状況を確認しなければなりません。

業者任せは絶対にダメです。コンクリートを打ってしまえば後から見れませんからね。

 

現場:藤枝市O様邸100年基礎採用

基礎工事にも通常に組まれる型枠工事(写真①)と独自のハンチパネル構造で鋼製パネルをそのまま残しコンクリート1回打ち工法の100年住宅基礎があります。
※ 配筋ピッチ、鉄筋径、は当社規定寸法。

地盤調査から始まり地鎮祭を経ていよいよ建築工事にかかることになります。
ところが最近では地鎮祭をやらない家もあるようです。
地鎮祭をやるべきか?の判断は建て主(施主)が決める事なので業者側からは何とも言えませんが私は前もって地鎮祭の意味合いを説明し判断して頂いています。
地鎮祭は、その土地の神を祀り、工事の無事を祈る儀式ですが基礎工事の前に行う儀式になる為、工事に関わる職人さんの無事を祈る意味合いの方が強いかと思われます。
地鎮祭が済むと工事の着工に入り基礎工事が始まります。
私は建物が完成していく工程の中で、最も重要な工事だと位置付けています。その為工事に携わる優良な基礎工事業者選びが大事になってきます。技術を持っている、信頼のおける業者、礼儀正しい業者は絶対条件ですね。

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG