☆良質な家と、快適な家の違い?!

☆不動産価値、資産価値のある家づくりが重要‼

失敗しない家づくりは考え方によっても違ってきます。家を商品としてみるか?財産としてみるかによって工法、造りにも違いが出てきます。家と土地は不動産です。不動産だから財産なんです財産は経済価値があるものです。不動産である家をお金で換金できないとしたら、もう不動産と呼べない訳です! 買い手が付かない家(お金に換えられない家)は財産ではないのです。家を財産として建てるのか?商品として建てるのか?不動産価値はなくても良いのであれば、土地選びにしてもどんな建物を建てても問題はありませんが、子孫に財産として残したいのであれば、不動産価値は重要です。

土地から取得するのであれば、第一に便利性です。生活の便が良くない所は値段が安い代わり中々土地も買い手が付かない! すなわち売れないということです。不動産価値の無い土地は安いのです。価値のある家づくりをするには、土地の価値+建物の性能(構造)、工法、次に耐久性です!合板を主体のプレハブ型(組立ハウス)の家等は、寿命が25~26年と言われています。そういう家だと、買い手が付かない!買い手が付かないので資産価値はゼロです。便利性のある土地、50年~100年たっても色あせない耐久性のある家は、資産価値があり需要もある訳です。骨組みがしっかりした家は、将来的に見てもメンテナンスも少なく建物に大きなお金が掛かる事もなく安心です。

    

将来的に子孫に負担を掛けない家づくりが望ましい⁈

家は引渡しと同時に劣化が始まります。長期に渡って生活をしていく場所でもあります。家族の健康を考え、安心して暮らしていくには長く住める家が理想です。快適な家と良質な家は全く違います。新建材を主として建てられた家は、近代的で見た目は快適に見えますデザインを重視した室内は憧れます。工業製品の素材は劣化も早く大きなキズ、破損は補修が聞きません。良質な家の基本は素材です日本の気候、高温多湿の風土に合った素材、工法と言えば在来の木造住宅、木の家です。良質の木で建てられた家は快適+良質の家と言えます。

デメリットよりメリットが多く、増改築、室内の改装も家族のライフサイクルによって容易にリフォームも出来ます。将来メンテナンスの無い家は誰もが望むことです。その為にも、どこで建てるか?業者選びが重要になって来ます。業者選びに経営が安定しているかどうかは会社の規模に関係ありません。規模の大きい会社は受注減が会社経営に直接影響します。また急激に業績を伸ばしている会社は要注意ですどちらかと言えば小さい程潰れにくい。地場で長く工務店をやっているところは安心です。大きいから、宣伝をしているから安心で、業者選びをすると後で後悔することになります。業者選びはそれほど難しいのです!  むしろ大きいほど気を付けなければいけません。

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG