☆木の強度は、極めて高いことに注目 ❕

木は弱く燃えやすいは、大きな間違い ❕❔

強さで比較すれば、木が鉄やコンクリートに勝てる訳がないというのが常識かもしれませんが、現実には木は、鉄やコンクリートよりも強い素材なのです。正確に言えば同じ重さ当たりの強さを比較すると木の方が、かなり強いということです。この重さ当たりの建築材料の強さを「比強度」といいます。引っ張り強度を比較した場合、杉は鉄の4倍の強度があり、圧縮強度ではコンクリートの9倍の強さがありますこの数字から明らかなように、木は極めて高い強度を誇る素材と言える訳です。また檜の古材を調べて見ると伐採されてから200年ぐらいまでは、ゆっくりと強度が増していく事が確認されています。以外に思われそうですが、木は燃えにくいという性質も持ち合わせています。

木は燃えだすと表面が炭化し、この炭化した層が酸素を遮断し断熱材の役目を果たすからです。木材の炭化する速度は、1分間に0.6~0.8mmと緩やかなので厚い木材では中心部まで火が進まず、強度が保たれるという訳です。その為、建築材料として使った場合、一気に建物が崩れ落ちる心配は少ないのです。熱を遮る断熱性という点でも、やはり気は秀でている。真夏、直射日光の当たる窓のサッシに触れると熱を感じるのに、木の床材や窓枠材は、たいして熱くならない。これは熱伝導率がコンクリートや鉄に比べはるかに低いからです。

木のアロマテラピー効果で心身リラックス。

森や林を散策し、胸いっぱいにすがすがしい空気を吸い込んでいると、不思議なほどに気分が爽快になり日頃のストレスも吹き飛んでしまいます。これは森林浴が心身をリフレッシュさせてくれる効果が有るからです。人はなぜ森の中にたたづむと心が安らぐのでしょうそれは、樹木が発する香りの中にフィトンチッドという物質が含まれているからです。このフィトンチッドには、「抗菌」「殺菌」作用があり、さらに鎮静作用などもあります。こうした様々な天然の成分が、心身をリフレッシュ&リラックスさせてくれるという訳です。「フィトンチッド」の驚くべき点は、伐採された後の木や加工された木材にもその効果が残っているという事です。こういった自然素材の木には人の健康には欠かせない様々な効果も期待できるのです。

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG