☆木造建築の良さを見直す!!

☆住環境と病気の関係は、建物に原因?!

住環境で、病気になる人の原因は建物に起因して事が多い。新築したばかりなのに、なんで・・体の調子が悪い、だるい、等の症状で気が付くのですが以外にも問題を起こしているのが使っている建材です。最近の住宅では、高気密、高断熱の家が多くなり、室内では換気システムの可動で快適に見えている中、使っている建材はほとんどが工業製品なんです‼いわゆる新建材です。

内装材として使われている材は、ほとんどの枠材、巾木、廻縁、内装建具類、等すべて塩化ビニール製品です。さらに壁仕上げ、天井仕上げ材にも、塩化ビニールのクロスなど、石油を原料としている製品が使われています。こうした工業製品の建材が、身体的、精神的な病気を起こしているのです。これらの製品は自然に湿気を吸ったりはしません。

柱、梁、等の木材も壁の中に隠しているので木が呼吸することもありません。こういった住宅が今、普通、一般になっているのが現状なんです。一生家族が生活していく場です。健康に暮らしていける家に住みたいと思いませんか?木造建築は日本の風土に合った最も健康的な住宅だと思います。

    

法律の規制により日本古来の伝統的な日本建築が建てられなくなってきています。技術や経験が無くてもそこそこの家が建てられているのです。健康住宅が少なくなってきているのは断念なことですね。

鉄筋の校舎から今、木造校舎が見直されている訳?・・・‼

鉄筋コンクリートの校舎の方が木造校舎に比べて、生徒は集中力がなくキレやすい。木造の方が精神的にも健康的な生活が送れる…そういう報告があるんですね‼だから、いま全国的に木造校舎が見直されているのです。私達が子供のころは木造の校舎でしたが、集中力がなくキレた子はいなかったように思います。木造建築の良さを今一度見直す機会になれば、シックハウスなどで悩む人も少なくなって来ると思います。

      

 

 

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG