自然素材住宅006:無垢木の素材にこだわり木の香りに包まれる家

シックハウスが気になって… 行き着いた結論は内装が無垢木の家

新築住宅を選ぶにあたり、テレビなどで話題になっていた”シックハウス”が気になっており、ハウスメーカ探しにはもちろん”自然素材を使用”とうたっているものばかり。

しかし、どれもが「自然素材の家はこんなものなのか・・・」といまいち腑に落ちない感じでした。
実際、「この会社にしようかな・・・」とあるハウスメーカと契約しようと思った時、偶然にも折り込みチラシで『優美の家』の完成見学会を知り、現場で実物を見たところ「これこそ理想の家」だと思い即決しました。

他のハウスメーカの「自然素材の家」は”自然素材をそれなりに使用している”といったレベルでしたが、『優美の家』は入った瞬間から木の匂いに包まれる無垢の家・・・私達が理想する家そのものものでした。

床から階段や階段ホールはもちろんクローゼットの扉に至るまで無垢木

玄関、リビング、階段、トイレ、そして部屋の出入り口からクローゼットの扉にいたるまで自然素材の無垢板は家のあらゆる所にふんだんに使われており、床も全て無垢板で統一しています。

中でもひときわ存在感のある、リビングの一角に取り付けられたぶ厚い無垢板のカウンターはとっても気に入っています。見た目はもちろんの事、カウンター下には仕切りも無くパソコンを置いて机代わりに使用できるなどとても実用的でありながら、地まどによって採光と風通しも確保されています。

家全体に使われた自然素材もさることながら、なんといっても住む人の生活に優しい工夫がなされている点が一番の特長でもあります。
そもそも家を新築する理由が「悠々自適な隠居生活」であったため、「幅を広く取り、緩やか勾配で登り下りが楽な階段」等、我々のような年長者にとって配慮されています。アーベル ホームさんの細かい心配りがこういった所に現れていると思います。
無垢の桐板で張られたウォークインクローゼットの壁、天井は目隙張り羽目板。
ダイアトーマスで仕上げた手摺壁とインテリア小窓。
無垢の内装建具(入口引き戸、クローゼット扉)。
区分 新築・注文住宅
所在地 静岡県焼津市
延床面積 122.6m²(37.15坪)
構造 在来木造2階建住宅
工法 外部:外壁APM通気工法
内部:基礎パッキング工法 健康増進良質空気環境システム採用

 ソノハタ の ヒトコト

『施工のポイント』は階段やカウンターなど、垂れが生じる箇所により厚みのある素材を使用している点にあり(カウンターの天板は72ミリ、階段の段板は36ミリ)、より長くお使いいただけるものとなっております。
1階は檜、2階は障子松の共に厚さ30ミリの無垢木に統一した床板と、自然素材の呼吸する塗り壁(ダイアトーマス)と土佐和紙の仕上げによる内装の組み合わせによって家そのものが呼吸する造りとなっています。また、N様邸の特に注目する点は1.2階の居室です。壁天井に
『液状活性触媒炭』のヘルスコートを全壁、天井面に塗り、室内の空気バランスをコントロールしています。信頼性の高い抗酸化環境は、イオンバランスを整え私たちにやすらぎと健康を与えてくれます。【アイキャスの家仕様】
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG