☆健康被害の無い本物の自然素材住宅とは⁈

健康被害の無い、心身癒される住宅こそが本物の健康住宅なのです。

健康住宅とはどんな住宅の事を言っているのか?自然素材を一部分使用している家。たとえば①床を自然素材の無垢板を使用していますとか壁を一部塗り壁にしていますといったように要所要所しか使用してないのに自然素材住宅仕様と言ってる住宅会社もあります。壁、天井仕上げはビニールクロス100%ですが床に無垢材を使ったり腰壁を一部自然素材を使用しただけで自然素材住宅と言えるのでしょうか?疑問ですね‼見た目に惑わされない様、家を建てる人、住宅を取得したいと思っている人は健康を考えると重要な問題です。新建材がほとんどの今の住宅市場、自然素材100%に近い住宅を探すのは並大抵のことではありません。でも諦めないで下さい。こだわりを持って健康住宅を手掛けている工務店もあります。新築したばかりなのに住んでから体調不良を起こして悩んでいる住宅取得者の話をよく聞きます。新築住宅特有の臭いビニールクロスなどに使われる糊の臭いです昔よりは良くなってきたとはいえ特有の臭いがしますねシックハウスの起きない健康素材の重要性が問われます。

  

トイレ室も空気が綺麗エバーウォール塗り壁   室内すべて自然素材、天然素材仕様‼

下地の合板以外すべて自然素材、天然素材で建てています。シックハウスゼロの室内空間。癒しの空間です‼

下地の合板も国産檜の合板です。ラワン合板の臭いに比べ檜合板は木の香りがするので室内の殺菌効果も加わります。弊社は住む人の健康を考え無垢材を基本に自然素材100%を目指した癒しの室内空間を提供しています。天井仕上げには天然素材の土佐和紙を和紙独特の重ね張りにして独特の雰囲気を醸し出しています。リビング、玄関ホールは腰板(香りの高い節ありの檜材板)を張って室内のバランスを取っています。リビング、玄関ホールはどうしても腰当たり物を当てたりして壁にキズが付きやすいので任意ではありませんが仕様としては標準仕様にしています(選べる)。リビングの天井も板張りの自然素材を重視しています天井のデザインは一律ではなくその家の構造を考え一棟一棟造りが違う施工しています。なぜそんなに素材にこだわるのかと言われても健康に対する信念と長年の大工と言う職に専念したからできる事だと思っています。

   

室内窓枠は檜乾燥材を独自に加工した無垢材  床板も無垢が基本、厚さ30㍉長さ4m物の節有

 

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG