☆気を付けたい高気密住宅の実体!!

合板やビニールクロスで囲まれた部屋(室内)で起きている健康被害の実体とは?!

高気密住宅だから快適・隙間がないので暖かい、エアコンも聞いて光熱費もかからない、ヒートショックもなく安全!?と思ってる人がいるとしたら・・・ボタンをかけ間違えていますよ?と言いたい?なぜかと言うと高気密にすることで室内は隙間がなくなります。外壁に構造用合板を張り、室内の仕上げにビニールクロスを張り、壁の中にはガラス繊維の断熱材(グラスウール)を入れてる今、こういった建物が日本中で建てられている住宅の90%に当たります。どう考えても健康にいいはずはありません。合板とビニールクロスで囲まれた室内はビニールに囲まれた、いわばペットボトルの中で生活しているようなものです。暖かい家を造る事は光熱費もかからず経済的でエコな住宅と思いがちです...高気密にしたことで大きなリスクを背負うことも考えてください。隙間の無い家で暖房すると効率よく確かに暖かくなります。室内では人間から発散される湿気(汗)も隙間がない部屋では逃げ場がありません。家具やカーペット、カーテンなどから発散する化学物質もそのままです。こういった環境の室内では湿気によってカビ、ダニも育てられます実はこういった住宅が増えているのです。高気密住宅にすることはメリットもありますが多くのデメリットもあるという事も頭の中に入れておく必要がある事を・・・

   

ビニールクロスゼロの室内。結露の心配もない建物全体が呼吸する素材で建てられたこだわりの健康住宅‼空気が綺麗と言うことはカビ、ダニの発生もないということですね‼

高気密住宅は素材によっては最悪な健康被害住宅なのです。!?

高気密住宅で健康被害の無い家を建てるには素材選びが重要なポイントになります。ビニールクロスを貼っている住宅やグラスウールの断熱材を使用している家は健康住宅ではないと言えます。健康被害のある住宅と行っても過言ではありませんビニールクロスはメンテナンスが比較的楽な建材で全国に建てられている住宅のほとんどが当てはまります...天井の仕上げと壁にビニールクロスを張り床板に新建材の合板の床板を張った部屋に人が1日生活しただけで湿度が90%になってしまうと言われています。高気密の住宅では人から発散する汗なども湿気として室内にこもりますこうした環境の中で快適な室内を維持するにはエアコンか機械換気に頼るしかありません。もし災害などで電気が停電したとなると室内は蒸し風呂状態となってしまうことになります。快適のように思われがちの高気密住宅、一つ間違えば健康被害にもなります。現役大工の独り言かもしれませんが毎日仕事をしながらこう言った最悪な家は建ててはならないと心に誓っています。

 

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG