☆気を付けたい!高気密住宅の換気システムの盲点!?

☆ 家中の天井裏に張り廻された換気用のダクトの中、ホコリとカビ、ダニの棲家?ビックリ!!

高気密住宅・高断熱住宅が増えた事で、より室内の仕上げ素材が重要になって来ました。化学建材、ビニールクロスに含まれる化学物質、湿気などが室内に充満して逃げ場を失っていますこれを解消する為、24時間換気システムが義務付けられたのです。高気密住宅は自然換気でなく換気システムやエアコンなどの機械換気に頼らなければならないデメリットもあります。このため常に換気を行わなければカビやダニの発生しやすい環境が整ってしまい健康被害を起こす原因になって来ます。高気密の住宅は外部の温度を遮断することは出来ても湿度まで遮断することはできないのです。使う建材や断熱材の素材選びも重要視されます。また室内の湿気を調整する工夫、対策が必要になって来ます。高断熱・高気密住宅でよく用いられている第一種換気システム(熱交換システム、集中ダクト方式)は給気、排気共に機械ファンを取り付け強制的に換気する方法です。大型の換気ファンから各室内に天井裏を通しダクトで空気を送り出す仕組みになっており部屋の温度が均等になりやすく冷暖房の負担も減らして省エネな換気システムの様に見られていますが工事費が高くなる‼? 機械換気に頼る費用(電気代)などのデメリットも大きい事も知っておくベき事です?何より健康被害になりやすいリスクが多すぎることです!!こういった事は住んで生活して見ないと分からない事ですが後で気が付いても遅いのです。見た目のカッコよさに惑わされることなく自分の求めている理想の住まいを手に入れることを・・・家族が安心して住める健康被害の無い安全な住まいが理想です。

   

弊社の施工例より、自然給気を取り入れ排気は強制換気での第3種換気システムを採用しています。床材(無垢30㍉)、壁(調湿する塗り壁)、天井材(調湿効果、和紙貼り)、見えない断熱材(羊毛)等、健康被害ゼロの室内を実現!快適な室内空間、強制換気のうるさい音もなく安全で安心な生活環境を作り出しています。家族に健康被害が及ばない環境が一番なのです。

メンテナンスが気になる換気システムの盲点!?張めぐされた天井裏のダクトの中?

熱効率を上げる為、24時間計画換気システムを備えた家では各部屋の天井裏にダクト(10cmジャバラの筒)をはい回らせ各室内に空気を送るシステムです。一見快適な住まいだなあ~と思いがちですがよく考えて見ると疑問な点がいくつかある事に気が付きます。①張めぐされたダクトの筒の中結露が発生しカビ、ダニ、が繁殖ジャバラになっている筒の中では掃除する事も出来なません空気を各部屋に送る時カビ、ダニも室内に送ることになります。張りめくられたダクトは天井を壊さない限り実体の確認が出来ない為、掃除すらできません。②換気のスイッチが入っている間はダクトの中、空気が流れていますトンネル状になっているので騒音がうるさい事に誰もが気が付きますがダクト方式は音は消えませんうるさいと言ってスイッチを切ってしまうとどうなるのでしょうか?③天井に取り付けられた大型の換気ファンここから各部屋にダクトを通して空気が送られています。この換気ファンも機械です故障しない保証はありません保証期間が過ぎると高額なお金がかかることが予想されます。※私が以前、実際現場で経験して感じたことです参考にしていただければ幸いです。

     

天井裏のダクト内部はカビ、ダニの棲家この中を空気が各部屋に送られる。健康住宅にはありえない!!(左写真参考) 機械換気に頼らない健康被害ゼロの呼吸する室内!!(弊社施工例より)

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG