コロナ自粛中、ミニ菜園に挑戦しています。野菜達も今の所、すくすく育っていて楽しみです。

家庭菜園を始めて今年で5年になります。種類も増やしてみました。

今年に入りコロナ感染の影響で、お客様訪問も控えさせていただいています。仕事も思う様にできなく自粛の間、家庭菜園で気分転換を図っています。家庭菜園歴は5年になり毎年、トマト、キュウリ~ナス、ピーマンなど比較的、楽に収穫できるものを植えています。3年くらい前ミニスイカを植え立派に育ったのでその次の年再挑戦してみましたが、ボール玉くらいに育ったころ虫が入り全部だめになった経験がありました。管理が難しく昨年はやめました。今年は再挑戦をして見様と思い植え方を変えてみました。

失敗した年は菜園にじか植えしたのが原因で団子虫が発生ツルを食べられたり実まで食べられてしまったので今年は、プランターの中に苗を2本植えました。今の所ダンゴ虫もいなくツルも順調に伸びて来ていますが少し心配ですね。あまり水をやり過ぎると茎の根元が腐って来るので気を付けています。ピーマン、しし唐、ブロッコリーなどは現場で使用済みのダイアトーマス(塗り壁材)の容器や木炭塗料の容器をプランターの代用品として使っています。1容器1本の苗で食べきれない程、収穫できるんですよ・・・4月の半ばに植えた野菜達もだいぶ大きくなりトマトは実を付けて来ました。キュウリも花が咲いています。コロナで大変な時期家庭菜園を楽しむのもいいもんですよ。挑戦して見てください。

     

白い容器が塗り壁材の容器で黒いのが木炭塗料が入っていた容器、野菜がよく育ち水も無駄なく適度にやれるのがいい‼容器の横と底に水抜きの穴を開け根が腐らない様に工夫しました。枝豆は豆から植えたのが5㎝ほどに延びて葉っぱも生き生きしています。新芽の葉っぱは柔らかいので小さな虫が付いたりナメクジが葉っぱについて穴をあけます。食べるのですかねぇここまで延びて来ると大丈夫ですが豆を土の中に入れ少し豆が顔を出すころ待ってましたとばかり、ハトに豆を食べられるのが痛いですね。去年は全部食べられました。今では、目が出たころプランターの上に目の細かい網を張ってハトから食べられない様に防止策をしています。おかげで順調に育っています。

コロナ自粛中、ストレスを溜めない過ごし方?!

    

菜園に植えたキュウリ、花が咲きました。 プランターに植えたミニスイカ、黄色と赤を植えてみました。

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG