☆日本の風土、気候に合った家造り❕

☆ 湿気の多い日本の気候、強制換気に頼りすぎると怖い❕❕

★日本の風土、気候に合った家造り・・・自然に柱や壁、天井が湿気を吸ったり、吐いたりする家だと病気も起こりにくいのです。昔の家はそれができていました。最近の家は日本の気候に強制的に対処する家になっており暑さ、寒さや湿気対策は機械が行っています。特に湿気の多い日本では強制的に機械が湿気のない環境を作るため、ほかに色々影響が出るわけです。自然に湿気対策ができる家、機械換気に頼らない家づくりこそが省エネ・エコにつながるのではないでしょうか。

★今年は例年になく暑い夏となっています。電力が足りなく節電も余儀なくされます。最近の住宅は高気密化が進み強制的に機械換気に頼らなければ快適な生活は送れません。機械に頼ることは電力も消費することです。これが省エネと言うんですかね。湿気の多い日本。家づくりの基本を間違えると快適な住まい処か家族の健康にも悪影響を及ぼすことになります。電力不足で、節電を余儀なくされた時、災害で電力の供給が一時ストップした場合など、を考えて見てください・・・自然の力の有難さがわかってきます。風土に合った家づくりの答えが出てきます。

★建物が呼吸するこんな快適な家で子供を育てて欲しい。・・・・素材にこだわった呼吸する家、室内はもとより玄関ホール・廊下、階段室も床、壁、天井、室内建具まで呼吸できる自然素材で建てた家は、湿気対策を考えた快適空間です。高気密の家では特に湿気対策は重要です機械換気に頼りすぎている現実では、快適に見えてもそこには、取り返しのつかない落とし穴がある事も現実として考えなければなりません

    

呼吸する塗り壁の正体❕ 吸うだけでは調湿効果ではない❔

※自然素材の塗り壁なら何でも健康素材と思っている人がいたら…❔ 自然素材の塗り壁と言ったら、漆喰、珪藻土、他にペイント塗装の壁などが最近使われています。それどれに特徴があり、どれも調湿効果、消臭効果が有り健康素材で人気があるのでは❔。弊社も塗り壁を採用するにあたり以前、漆喰、珪藻土、他の壁材を調べ、メリット、デメリットを比較してみました。

【漆喰壁】・・・漆喰の主成分は、消石灰(一酸化カルシウム)空気中、二酸化炭素と反応して固まる自然素材の塗り壁材しかし、近年の一般に使われている漆喰では、漆喰の成分 ① 消石灰 ➁ 炭酸カルシウム ③ 海草糊 ④ 水、に加え、化学繊維化学接着剤材などの化学製品が多く使用されているのが現状です。

【珪藻土】・・・珪藻土は、自身の性質だけでは固まらないので壁材として使用するには、固める素材と混ぜ合わせ壁材として使用します。この固める素材選びが重要になります。化学合成接着剤ボンド入り珪藻土も注意。珪藻土の効果⇒ ① 調湿効果、消臭効果が有り、空気中の水分を吸収して湿気過多を改善してくれる。これらの効果は、漆喰も珪藻土も変わらない。主成分と混ぜ合わせる素材が重要で一つ間違えれば健康素材とは言えない。

 ※ 弊社採用の塗り壁と漆喰、珪藻土の性質と効果を比較してみました。❕❕

弊社が採用している塗り壁は、効果、施工性、金額、メンテナンス性、特に呼吸する壁,吸う吐くの速さが他の塗り壁に比べ群を抜いている点に注目をし、今でも室内塗り壁材として、お客様の人気商品になっています。

【エバーウォール・ダイアトーマス】・・・主成分「ケルザイム」は、カルシュウムと天然ミネラルを含んだ化石を原料とした健康的な塗り壁。ケルザイム(化石)の効果で優れた臭いの吸着分解が期待でき、調湿効果が高く室内を湿気から守ってくれます。水溶性なので自然環境にも優しく安全な壁材です。世界一贅沢な壁材ともいわれ100%天然の酸化カルシウムと天然のミネラルだけで出来ているので体に非常に優しい塗り壁材です。他の壁材と違い天然成分と独自技術で、家具やカーテンなどから発生するホルムアルデヒドやVOCを吸着して分解までする能力が実証されています。

ダイアトーマスの5つの特長と優れた効果 ① 高い調湿効果⇒・・・室内温度が夏平均4℃涼しく、冬平均4℃暖かいことが証明されています。 ➁ 超・調湿効果⇒・・・多孔質の形状だから、漆喰の2.5倍、針葉樹丸太の1.5倍の調湿力がある。1日に20㎡の部屋で4.6ℓの水を吸収、効果は半永久的に続く❕ ③ 優れた脱臭・分解力・・・生活臭、やトイレ臭、ペットの臭いも吸着し分解する(アンモニア脱臭実験で立証)されています。④ 優れた耐久性・耐水性・・・劣化しにくく、重ね塗りが出来耐水性にも優れている。⑤ 省エネ・経済性・・・優れた調温効果でエアコンの効きが良く、冷暖房費の節約にもつながる。

※ 以上の効果は、漆喰、珪藻土より優れていることが実施工でわかりました。特に水分を吸ってから放出する時間はまさに吸って吐く瞬間です。珪藻土でも実験をしてみましたが、調湿は確かにすることはわかりましたが放出するまでの時間はダイアトーマスに比べると遅いことがわかりました。呼吸するって事の意味を実感しました。その他、粒子が細かく柔軟性、追従性に優れ他の塗り壁に比べ割れにくい。また、汚れ落とし、キズ直しが簡単に出来メンテナンスも漆喰、珪藻土に比べると簡単にできる事も大きなメリットですね。施工性も良く健康住宅にはもってこいの素材です

      

 

 

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG