☆綺麗な建材こそ有害化学物質の危険性を疑うべし❔

効率優先の家造りが招いた、住まいの伝染病?シックハウス!

量産された工業生産化された【建材(新建材)】が次々と引き起こす体調不良。その原因と言われる内装材に使われている接着剤や塗料に含まれる有害な化学物質 (ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど)が住まいの空気を汚染して起きる病気と言われています。なぜそんな危険な住宅が増えてきたのか?それは、住宅が一つの耐久消費財の様になってきてしまったのが原因ではないでしょうか?企業も販売競争に勝つためには、広告宣伝費、モデルハウスの維持費、営業費と言った間接費に多額のお金をかけています。これらの費用を工場で大量生産できる低コストな新建材でまかなう必要があるからです。

本来は、使う建材や職人さんの手仕事など直接住まいづくりにかかわる所にお金をかけるべきなのに・・・人の健康を無視した、経済優先・効率優先の最近の家造り、時代の流れで住まいが変わるのは仕方がない事ですが、住まいに安心感や快適さを求めるのは、今も昔も変わらないはずです。建築基準法の改正に当たり今ではF☆☆☆☆(フォースター)の建材がほとんど使われています。

しかしFフォースターはあくまで「ホルムアルデヒド」だけに特化した等級で、ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建築材料であると認定された建築材料がランク分けされるということですので、アルデヒド以外の物質に関して何ら規制が出来ていないのです「Fフォースターだから安心」と考えず建材を確認して選ぶ事が必要です。使用している建材はF☆☆☆☆であってもホルムアルデヒドの発生が低レベルという意味で、有害物質の発生が 0 ではないのです。Fフォースターの建材だから安心と言って家、全体に大量に使用すれば、人体に影響を及ぼす程度まで濃度が濃くなることは十分に考えられます。

板張りの天井と和紙を貼った袖天井。

無垢の木は、有害物質規制、対象外なので安心です。

【無垢の木は】、自然そのままの木です。石油化学製品である【新建材とは】ちがって危険な物質など含まれていない規制対象外の安心して使える自然素材です。化学製品の新建材を大量に使っている近年の住宅では換気設備、空調設備(エアコン)は稼働しっぱなしの状態で止めることすらできません。シックハウス症候群を防ぐには化学物質をできるだけ含まない建材を選ぶ事。24時間の換気をきちんと行う、掃除をこまめにするなど、建材(素材)選びと暮らし方の注意が必要です。

【無垢の木】をふんだんに使った室内の床板。

 

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG