☆ 火育の大切さを実感する? ☆

★「火育」とは?

火育とは、火を使う体験を通して脳を活性化させ、豊かな人間性を育むことです。

数十年前は、自宅の庭や家庭用の焼却炉で、燃えるごみは燃やしていました。そのころの子供は、ごく普通に手伝っていたので、火の怖さや扱い方を体得していました。

しかし、現在は、自宅でごみを燃やすのは禁じられ、オール電化が普及した影響もあり、火の扱いを知らない子供が増えています。驚くことにお母さん世代の中にも、マッチの火を風から守る事を知らない人もいるとか!!

★火を扱う体験をさせる!!

火を扱う時の服装や注意点、私達の世代では皆が体験してきただけに、火を扱うことを知らない現代の子供、危ないからやらせない、ではなく体験させて覚えさせる事が大切ではないでしょうか。

動物とヒトとの決定的な差は、火を扱えるかどうかだといいます。
火を扱えない人は、扱えた世代と比べて退化しているのかもしれません。

★人類は、80年前から火を使っていました。

ほんの200年前までは、火を起こすのに大変な労力が必要でした。
その為、一度起こした火を絶やさない工夫も生まれました。

そんな火起こしを簡単にするために、最初にマッチが考案されたのは1827年!
日本でのマッチの生産が始まったのは、1875年!。

それまで輸入品を使っていたのですが、小箱1個の値段は、米6㎏の値段と同じくらいで、超高級品でした。

ですが、現在ではマッチの出番は年々減少しています。オール電化が普及してきて住まいは、機能面では進化していますが感性を鍛えるという面では、進化しているとは言い難い物ですね。

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG