☆未完成の住宅引渡し、要注意?!

☆ 未完成の住宅引渡しは、リスクが多すぎるので注意が必要!!

まだ完成していない住宅(未完成)を引き渡すことは、通常ではありえない事です。どんな理由があるにせよ施主側に大きなリスクが生じることになるからです。建物の引き渡しは、工事金の最終残金を支払った日に行うのが一般的です。当日は設備全般についての説明や沢山の取り扱い説明書、保証書等、業者から受け取り最後に玄関の鍵(勝手口の鍵も含む)の引き渡しをする事になります。工事が未完成のまま、工事残金の支払いをする事は施主側にとっていいことは一つもありませんリスクが多すぎるだけに注意が必要です。

 

未完成の建物にかかる大きなリスク!?

施工業者は、建物を引き渡してしまうと、一区切りがついて工事の対応が変わる事もあります。また、未完成の引き渡しを受ける事は、契約上「建物の完成」を認めた事にもなります。引渡し後のトラブルの原因で、今までの信頼関係を壊すきっかけにもなります。

 

アーベルホーム園畠建設は静岡県静岡市葵区を中心に、大工の棟梁が自ら選んだ自然素材をふんだんに使い、一棟一棟真心込めた健康木造住宅を建てる建築工務店です。
主な施工エリア:静岡市(葵区・清水区・駿河区)・藤枝市・焼津市・島田市 ほか
>アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設

アーベルホーム園畠建設ではご家族の健康を第一に考え、こだわりぬいた自然素材と大工棟梁園畠の技で一棟一棟丹精を込めて大切に建てています。『頑丈で健康な家』が当社の特徴です。
新築の注文住宅はもちろん、自然素材を使ったリフォーム・リノベーション、無垢の木の知識、住まうご家族の健康、とりわけ子供たちの健康への願い…ホームページだけではとても伝えきれません。
まずは一度、フォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのご質問もいつでも大歓迎です。

CTR IMG